アサヒビール 満20歳のオンライン飲み会 新成人に飲用体験を演出

アサヒビールは「スーパードライ」のデジタル施策として、オンライン上でイベントに参加できる「ハタチの乾杯!SUPER DRY VIRTUAL BAR(スーパードライ バーチャルバー)」を2月13日に開催する。

これは、大人数で集まることが難しくなっている環境の中でも、アルコールが飲める年齢になった満20歳の人たちに向けて「人とつながる」「みんなで楽しむ」というビールの飲用価値を訴求するもの。イベントには若年層を中心に人気のお笑いコンビ「ラランド」の2人が参加し、ビールのうまさと楽しさを実感できる飲用体験を演出。消費者との接点を創出し、顧客ロイヤリティーを高めるとともに、新規飲用者の拡大を図る。

「スーパードライ バーチャルバー」は、新生活様式の中で、「ビール=みんなで楽しむ、人と人の心がつながる」を訴求し、ビールを通じた新しいコミュニケーションを促すために昨年4月から実施している。これまでも音楽フェストタイアップしたイベントや、ハロウィンイベントなどを開き、全7回で計7千名の応募上限に対して延べ約7万5千名が応募している。20~30歳代の参加が多く、ツイッターと連動した盛り上げも奏功して高い満足度を獲得したという。

応募期間は2月1日午前10時まで。対象は満20歳。特設サイトより応募する。