いい年を、一日も早く

今年は家庭で料理を楽しむ人たちが増えた。これまでは可能な限り時間と手間をかけず、しかも手抜きと思われないメニューの人気が高かったが、テレワークで増えた時間を使い外食で食べるようなメニューに挑戦する家庭もあった。

▼カップ麺に押され市場縮小が続いていた袋麺が大幅増となったのも、一手間も二手間もかけられる余地があるから。数字には出てこないが、コーン缶やバターなども味=ラーメン作りで伸びているかもしれない。

▼煮豆や大袋ウインナーなどがコスパのよさから見直され、缶詰は巣ごもりが過ぎた後も家飲み需要があり、包装餅は正月偏重から日常食への見直しが始まった。価値観の変化で驚いたのは料理で重視する項目として「栄養バランス」「免疫力アップ」が「時短」「簡単」を上回る調査結果があったこと。

▼コロナで世界は一変した。今年最後の新聞のため明るい話題を拾い上げたが、ワクチンの有効性が確認されたり治療薬が開発されない限り新しい年は来ないようにさえ思われる。よいお年をに代え、いい年が一日でも早く訪れますように。