“鬼滅”効果で10月150% ダイドーのコーヒー飲料

ダイドードリンコが5日に発売した、人気アニメ「鬼滅の刃」とのコラボ商品「ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」「同 絶品微糖」「同 絶品カフェオレ」が、発売後約3週間で累計販売本数5千万本を突破した。同商品の好調で10月単月(9月21日~10月20日)のダイドードリンコのコーヒー飲料の販売数量は前年同月比149.5%と大きく伸長した。

「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」は1975年発売のロングセラー商品。発売45周年を記念して「鬼滅の刃」とのコラボを実施しており「オリジナル」に加え新商品の「絶品微糖」「絶品カフェオレ」も含め3品で合計28種類の「鬼滅の刃」デザインパッケージで発売した。

「鬼滅の刃」は原作累計発行部数が1億部を突破した人気作。16日に公開した劇場版は3日間の観客動員数が342万人とこれまでの記録を大幅に更新するなど社会現象を巻き起こしている。

今回コラボした3商品は、いわゆる缶コーヒーであるSOT缶。PETボトルコーヒーの台頭などでダウントレンドが続いており、ユーザーが中高年の男性に偏り、若年層や女性層に弱いのが弱点だが、「鬼滅の刃」は若者はもちろん女性人気も高く、こうした層のトライアルニーズも期待される。

コラボ効果を高めるためさまざまな連動キャンペーンも実施している。自販機で商品を購入するとポイントがたまる同社のスマホアプリ「Smile STAND」では、鬼滅の刃オリジナルQUOカードPayなどが当たるキャンペーンを行っているほか、Twitterを活用したキャンペーンや店頭でのキャンペーンも実施している。また18年から、俳優の安田顕さんらが登場するTVCMを放送しているが、5日から安田さんらがアニメキャラクターになりきる新CM「28種の鬼滅缶。」編を放送している。