飲料 カフェイン除去に商機 “飲み分けて総摂取量コントロール”加速か

「お~いお茶」「生茶」「ボス」「UCC」から新提案

気分転換やリフレッシュを目的にカフェイン入りのエナジードリンクが拡大傾向にある一方、カフェインレス・カフェインゼロ飲料も広がりをみせつつある。カフェインレス・カフェインゼロ飲料の主要購買層は、「体に刺激があるものをできるだけ摂りたくない」「翌日のことを考えて質の良い睡眠をとりたい」などと考えるカフェインに忌避意識を持つ女性層で、妊産婦以外からもニーズが高まってきている。

今年は、このような意識の高まりに加えて、コロナ禍の外出自粛で家庭内でのコーヒーや紅茶といった嗜好品(手いれ飲料)の飲用が増加していることも追い風になっているようだ。

嗜好品によるカフェイン摂取が増えることで、それ以外の、家庭外の飲用場面や水分補給などの飲用シーンではカフェインの摂取を控えて1日のカフェイン摂取量をコントロールする動きが強まる可能性がある。

カテゴリーで今年、新たな動きをみせたのは緑茶飲料で、伊藤園は6月に「お~いお茶」ブランドからカフェインゼロの緑茶飲料「お~いお茶 カフェインゼロ」を新発売した。

「お~いお茶 カフェインゼロ」(伊藤園)
「お~いお茶 カフェインゼロ」(伊藤園)

同商品は、伊藤園の技術を駆使しカフェイン量を抑えた原料茶葉を使用し、さらに抽出工程に工夫を施すことでカフェインゼロを実現しつつ茶葉本来の香りと味わいが楽しめるように仕立てられている。

同商品について、本庄大介社長は決算発表会の席上で「ようやくお客さまにご満足していただける味づくりができた」と胸を張った。

キリンビバレッジは、「生茶デカフェ」の味覚とパッケージデザインを刷新して7月7日から発売している。

味覚は茶葉の火入れと抽出温度を見直し、緑茶の香りがより引き立つ味わいとなっている。最盛期に向けては「『生茶』とともに店頭露出を増やしTVCMやSNSで『生って、感動する』のキーメッセージを届けることで、お客さまのトライアルを喚起していく」(キリン)。

管理栄養士が生活者にカフェイン摂取に関する個人指導を行っていることに着目してサンプリングも実施。7月に全国1千か所、10月に全国2千か所の医療機関に総計約21万6千本の配布を予定している。これにより各医療機関で実施されている個人栄養指導・集団栄養指導・勉強会で、管理栄養士がカフェインに関する相談者・患者に対して「生茶デカフェ」を配布・紹介していく。

加えて妊産婦にもアプローチし、母子手帳副読本に「生茶デカフェ」の広告を掲載し安心して飲めるカフェインゼロ飲料としてさらなる認知獲得を図っていく。

「クラフトボス デカフェ」㊧(サントリー食品インターナショナル)と「UCC COLD BREW DECAF」(UCC上島珈琲)
「クラフトボス デカフェ」㊧(サントリー食品インターナショナル)と「UCC COLD BREW DECAF」(UCC上島珈琲)
サントリー食品インターナショナルは、通常の飲用シーンでも商機を見込む。

カフェインレス・カフェインゼロ市場については「コーヒーや緑茶・紅茶飲料との接点や飲用シーンが広がっており、通常のコーヒー・緑茶・紅茶飲料とカフェインレス・カフェインゼロ飲料の飲み分けをして、カフェイン摂取量をコントロールしたいというニーズは今後も高まっていくと考えている」(サントリー)。

7月7日に新発売した「クラフトボス デカフェ」は、コーヒー本来のおいしさを可能な限り損なわずにカフェインを除去する方法を採用し、コーヒー本来の香りとコクが感じられるカフェインレスコーヒーで「まだ発売して間もないが、多くのお客さまからご好評いただいており手応えを感じている」という。

コーヒーではUCC上島珈琲が、6月に「UCC COLDBREW DECAF」を期間限定発売し、そのほかのカフェインレス商品も引き続き展開していく考えで「カフェインが少ないメリットと併せ、デカフェ原料ならではのおいしさを伝えていきたい」(UCC)と語る。