2020 / 02 / 22 土曜日
ホーム タグ J-オイルミルズ

タグ: J-オイルミルズ

「味の素」ブランドのオリーブオイル刷新 日常的な調味料使いを提案 J-オイルミルズ

J-オイルミルズは味の素ブランドの家庭用油脂「オリーブオイル」「同 エクストラバージン」全11品種のパッケージデザインを刷新し、2月下旬から全国発売する。日本の食卓・素材・料理に適したスタンダードなオリーブオイルであることを前面に打ち出し、オリーブオイル市場のさらなる拡大につなげる。

日清オイリオグループ株式会社 代表取締役社長 久野 貴久氏

世界経済は先行きの不透明感が根強く、米国をはじめとした保護主義の流れによる影響も懸念される。日本経済は緩やかな回復基調にあるが、個人消費は力強さに欠ける。相次いだ自然災害や消費増税後の反動減で成長率が鈍化する可能性もあるが、東京五輪に向けた消費の押し上げに期待している。

J-オイルミルズ、付加価値戦略を加速 物流費などコスト上昇で「価格改定に理解を」 八馬社長

J-オイルミルズの八馬史尚社長は第2四半期決算説明会で、高付加価値品の拡販やソリューション事業における提案強化など、成長戦略の取り組みを加速させる方針を示した。

J-オイルミルズ 産学連携の成果4題 日本油化学会で発表

J-オイルミルズはこのほど、東京海洋大学品川キャンパスで開かれた「日本油化学会第58回年会」で、東北大学大学院農学研究科との共同研究講座の成果4題を発表した。

J-オイルミルズ 創立15周年、新たなステージへ 「技術・提案で貢献する企業に」八馬社長

J-オイルミルズは6日、都内で専門誌との懇談会を開催。今期の概況や方針について、八馬史尚社長、善当勝夫取締役兼専務執行役員が次のように語った。

バッカルドリン社製品を披露 J-オイルミルズが製パン技術講習会

J-オイルミルズはこのほど、東京・八丁堀のおいしさデザイン工房で「製パン技術講習会」を開催。ベーカリー関係者を対象に今春から輸入販売を開始したオーストリア・バッカルドリン社の製パンミックスを使用したパン作りやアプリケーション事例を紹介した。

J-オイルミルズ AOCSオリーブオイルパネル認定 2年連続で取得

J-オイルミルズのオリーブオイル官能評価チームはこのほど、アメリカ油化学会(American Oil Chemists'Society、以下AOCS)の「オリーブオイルパネル認定」を2年連続で取得した。

グループで朝食需要を喚起 狙うは4千億円市場 味の素大阪支社

味の素大阪支社は朝食の欠食を減らす活動をグループでスタートさせた。「朝食ラブ(あさくらぶ)」と銘打ち、野菜摂取を促進する「ラブベジ」や「勝ち飯」に続くASV(味の素グループ・シェアド・バリュー)第3の柱に位置付ける。

「から揚げ専用油」登場 家庭での手作りに根強い人気

わが家のから揚げをもっとおいしく――。食用油大手のJ-オイルミルズは、専門店のようなおいしいから揚げができるメニュー専用油「AJINOMOTOから揚げの日の油」(400gフレッシュキープパウチ)を3月上旬から全国発売する。

J-オイルミルズ、高付加価値品を拡販へ 家庭用オリーブオイルやBtoBのソリューション強化

J-オイルミルズの八馬史尚社長は16日の決算説明会で、下期の重点テーマについて、「(販売好調なオリーブオイルや業務用油脂『長調得徳』など)油脂・育成領域での高付加価値品の拡販を進めるとともに、中食惣菜向けなどBtoB市場でのソリューション事業強化、汎用油脂の収益安定化を進める」方針をあらためて強調した。

「神戸オリーブ園」復活へ支援 J-オイルミルズ、創業ゆかりの地で

J―オイルミルズは、オリーブによる農業振興を目的とした「神戸オリーブ園復活プロジェクト」を支援している。神戸は明治12年に「国営神戸阿利襪(オリーブ)園」が設置された日本最古のオリーブ栽培地として知られる。その後、オリーブ栽培は途絶えたが、今回この歴史にちなんで「神戸オリーブ園復活プロジェクト」が発足したもの。
- Advertisement -

ロングランアクセス