2020 / 02 / 27 木曜日
ホーム タグ レインフォレスト・アライアンス

タグ: レインフォレスト・アライアンス

環境にやさしい真空包装を進化 小容量レギュラーコーヒー強化へ UCC上島珈琲

UCC上島珈琲は、1970年に日本で初めて製造した真空包装(VP)のレギュラーコーヒーを進化させた。VPはコーヒーの大敵である酸素を透過しない包材を使用し、充填時に密閉して真空状態にする包装形態。UCCは、これに独自技術として挽き立ての香りを封じ込める「スーパーアロマ製法」を組み合わせて、

訪日外国人 4千万人時代 転機迎えた食品、消費形態

7か月後に迫った東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに訪日外国人の増加が見込まれる2020年。これを契機に日本の食品や外食、それに消費形態や企業の取り組みに大きな転機が訪れそうだ。五輪のテーマの一つである「多様化と調和」は、多彩な形で食品にも再現され、新たな食文化を形成。その根底として、企業のSDGs(持続可能な開発目標)対応も求められている。

コナだけじゃないハワイアンコーヒー 「カウアイ」も知って アタカ通商、拡大へ意欲

世界約60か国からスペシャルティコーヒーの生豆を輸入販売しているアタカ通商は、ハワイアンコーヒーの訴求を強めている。 キラウエア火山噴火によるハワイコナの高騰が背景。同社はハワイ州でハワイコナ以外にもカウアイ島、マウイ島、オアフ島のコーヒーを多品種取り扱っている。

着実に浸透「エシカル消費」 訪日外国人増でホテル、外食対応急ぐ

「エシカル消費」が注目されている。エシカルとは英語のethic(倫理・道徳)の形容詞ethicalのこと。日本語では「倫理的な」「道徳上の」「正しい」などに訳される。消費者が社会的課題の解決を考えながら消費し、環境への負荷低減や社会貢献などを重視した商品やサービスに沿った消費形態をさすようだ。

ローソン マチカフェ×アメージングコーヒー 好評受け第2弾コラボ商品

「AMAZING COFFEE(アメージングコーヒー)」とカウンターコーヒーブランド「MACHI café(マチカフェ)」とのコラボ商品第2弾となる「アメージングアイスキャラメルラテ」の販売を開始した。

スムージーで日本市場攻略へ「5年間は重要な投資期間」 英イノセントのトップ語る

1999年に英国で創業したヘルシードリンクメーカーのイノセントは、旗艦のスムージーブランド「イノセント」で欧州のチルド飲料市場を席巻。その立役者の一人とされるのが、06年にイノセントに入社し13年から現職のダグラス・ラモントCEOだ。

「ドリップ オン」に磨き “変化と進化”で裾野拡大へ キーコーヒー

キーコーヒーは来年の創業100周年に向けて“変化と進化”をテーマに掲げて春夏商品を展開していく。田中正登志マーケティング本部R&Dグループグループリーダーは、本物志向の商品開発やコーヒーへの情熱といった同社がこれまで培ってきた部分を変えずに「生活者のニーズや環境が目まぐるしく変わる中で

日本生協連 環境配慮商品拡大 コーヒー・紅茶を軸に

日本生活協同組合連合会は国際的な非営利環境保護団体のレインフォレスト・アライアンスが管理する認証商品の取り扱いを拡大する。10月1日からレギュラーコーヒー1品、11月1日からコーヒーバッグ2品を新発売。認証商品を既存の紅茶2品とバナナ3品を含む計8品に拡充する。
- Advertisement -

ロングランアクセス