2020 / 03 / 30 月曜日
ホーム タグ スパークリング清酒

タグ: スパークリング清酒

10年目「澪」拡大の年に 新商品「一果」投入 宝酒造

宝酒造はスパークリング清酒市場活性化策の一環として、今年10年目を迎える「松竹梅白壁蔵『澪(みお)』スパークリング清酒」と姉妹品「同〈DRY〉」を刷新するとともに、3月10日からは新商品「同『一果(いちか)』」を発売しラインアップを強化する。

「訪日客に国産酒を」 製配販で需要つかめ メーカーと酒販業界、大阪で会合

近畿卸酒販組合は9月19日、大阪で「第3回インバウンド需要開発会議」を開催した。訪日客が多い地域特性を生かし「インバウンドのお客さまに、国内の飲食店で国産酒類を飲んでもらおう」(羽田正敏理事長)との目的で発足した。今年3月に第1回目を実施。メーカーと業務用酒販店を巻き込んだ、全国初の卸組合主導の需要開発の取り組みとして注目を集めている。

新元号記念商品続々 10連休ニーズも狙う

1日、元号が「令和」に改められたことを受け、新元号記念商品が続々発売される。改元祝賀ムード、記念商品による需要喚起に加え、酒類については10連休による家飲み需要の増加なども商機と捉えた形だ。「スーパードライ」など一挙7品 アサヒビールアサヒビールはビール類5ブランドから7つの改元記念商品を発売した。

スパークリング清酒 市場は堅調推移 若者の清酒入門に期待

長期にわたり縮小傾向が続く清酒市場の中でも、堅調に推移しているのがスパークリング清酒(発泡性清酒)だ。10年ほど前から若年女性を中心に受け入れられ始め、甘味があり、さわやかで飲みやすい味覚が好評を博している。

スパークリング清酒 拡大傾向はやや鈍化

長期的には下落傾向がある清酒市場で、数少ない希望の星の一つといえるのがスパークリング清酒(発泡性清酒)だ。
- Advertisement -

ロングランアクセス