2020 / 02 / 24 月曜日
ホーム タグ アサヒスーパードライ

タグ: アサヒスーパードライ

アサヒビール 消費者インサイトを探索 「スーパードライ」のファン増やす

2020年のアサヒビールは長期経営方針のもと、ビールに注力する。嗜好は多様化するものの、消費者が普段から楽しむ酒類の約8割がビールであることから、接点の多いビールに注力することで特別な価値や体験の創造を目指し、また若年層のビール需要拡大に向けた取り組みを積極的に強化する。

新日本SM同盟1周年記念のスーパードライ 3社傘下837店舗で販売

バローホールディングス、アークス、リテールパートナーズの3社で作る「新日本スーパーマーケット同盟」が結成から1周年を迎えることを記念して3日から、アサヒビールとコラボした「アサヒスーパードライ 新日本スーパーマーケット同盟デザイン」を販売している。

ビール類 仮需と反動はほぼ想定内 年末需要の取込みが焦点

10月からの消費増税で軽減税率の適用がない酒類の動向が注目されていたが、ビール類でも9月には一定の駆け込み需要が、10月にはその反動があったとみられる。業界では仮需と反動の幅について「多少のズレはあるが、おおむね想定通り」との声が多い。

天候不順がビール類直撃 気温回復で主力品は上昇

ビール類最盛期の6~8月は、7月の天候不順の影響を大きく受け、出荷量は前年同期比4%弱減で推移したとみられる。ただ8月は前半に暑さが戻ったこともあり出荷は回復した。PBを除く上期(1~6月)の出荷量は約3%減。

もう一つの「スーパードライ」 若者に新たな飲用スタイルを

アサヒビールは4月9日、“もう一つの「スーパードライ」”をテーマに、若年層の新需要創造を狙った「アサヒスーパードライ ザ・クール」を業務用向けに発売した。また、期間限定(6月30日まで)で東京・原宿にコンセプトショップを開設、若年層へアピールする。
国分グループ本社会長・國分勘兵衛氏

國分勘兵衛 平成を語る〈2〉 過当競争と規制緩和 崩れた需給バランス 新たな公正取引ルール必要

――次に景気と競争環境についてお聞きします。バブル崩壊の後、デフレ不況を強く感じ始めたのはいつ頃ですか。食品は比較的安定した業界ですからね。経済停滞の中でもひどい不況を感じたことはなかったと思います。

「スーパードライ」など基幹ブランドに集中投資 既存得意先にも注力 アサヒビール

昨年のアサヒビールは、主戦場であるビール類の総計が前年比93.2%と厳しい結果に終わった一方、昨年3月に通年発売した「スーパードライ瞬冷辛口」が若年層に好評で計画を上回る220万箱を達成、RTD新ブランド「贅沢搾り」も計画超えの427万箱となり「RTDの新たな柱を打ち立てることに成功した」(平野伸一社長)。

業務用酒類で居酒屋に貢献する提案を 原価抑え多彩な展開 アサヒビール

アサヒビールは19年、業務用酒類の提案をより進める考えだ。外食市場は昨年11月から微増回復基調とみるが居酒屋業態は苦戦を続けており、居酒屋に貢献できるという提案を揃えている。

アサヒスーパードライ 印象的なロゴの新缶体 “さえるキレ味”さらに

アサヒビールは「アサヒスーパードライ」の中長期的なブランドテーマを「THE JAPAN BRAND」と設定、また11月中旬以降の製造分より缶体デザインなどのパッケージを刷新するとともに、品質基準を高めるといった品質価値向上の取り組みを行う。

食博でビールの魅力を訴求 サントリー/アサヒビール

4月28日から5月7日までの10日間、大阪市住之江区で開催された「2017年食博覧会・大阪」に各ビールメーカーが出展。工場直送のビールの提供や素材・製法に関するセミナーやクイズを通して、自社商品の魅力訴求を行った。

アサヒビール 尼崎市制100周年記念缶 売上の一部 市に寄付

アサヒビールは、「アサヒスーパードライ中瓶『尼崎市市制100周年記念ラベル』」(500ml)の売上の一部を尼崎市の公共施設設備へ寄付した。
- Advertisement -

ロングランアクセス