大手コンビニ初 ファミリーマートが清掃ロボットを300店舗へ順次導入 小型モニター備え商品告知などの機能も搭載

 ファミリーマートは1月31日、多機能型床清掃ロボットを2月末までに300店舗へ順次導入することを明らかにした。

 人手不足の中、店舗オペレーションの省力化を図り加盟店のより安定した店舗運営につなげていくのが目的。大手コンビニでは初の試みとなる。

 店舗従業員が1日3回実施している掃き清掃や拭き清掃を全自動で実施し約1時間の清掃業務削減を図る。

 1日5回の清掃業務を想定し、店舗床清掃レベルの向上とともに、清掃業者による定期床清掃回数も削減し店舗運営コストの低減にもつなげる。

 同ロボットは、埃やゴミの吸引や拭き清掃などの基本機能に加えて、小型モニターを活用した商品情報やキャンペーン告知、陳列スペースにおける商品訴求などの機能を備えた多機能型となっている。

 今後はAIカメラの追加実装を予定。床清掃と同時に売場の状況を録画し、店長や店舗指導員が確認したい時に店舗外から売場の状況が把握でき、店舗従業員に対して売場づくりの指示・教育ができるようになるという。
 さらには「商品の在庫状況を店舗従業員に通知し、商品補充を促す機能に加え、時間帯ごとや他店舗の売場状況を比較できる機能などの導入も検討していく」(ファミリーマート)。

北大西洋の豊かな海が育むアイリッシュシーフード 8月5日はパン粉の日