頭上からコーヒーの香りがふりそそぐ 「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体感カフェ」期間限定オープン

ネスレ日本がネスカフェ原宿(東京都渋谷区)で13日から24日までオープンしている「ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体験カフェ」には、コーヒーの香りがふりそそがれて全身で浴びることができる「ダバダ特別席」が店内中央に設けられている。

着席してスタッフにスイッチを押してもらうと5秒後に頭上の特殊装置からコーヒーの香りが噴射されるとともに、「ダバダ」のフレーズで知られるCM楽曲「目覚め」のメロディーが流れるようになっている。

新製法を導入して香りを高めた「ネスカフェ ゴールドブレンド」のアピールが狙い。体験カフェでは「ゴールドブレンド」各アイテムの香りに合わせたペアリングスイーツも用意している。

12日取材に応じた上林亮陽飲料事業本部レギュラーソリュブルコーヒー&RTDビジネス部ブランドマネジャーは「コーヒーの豆の特長を最大限引き出すスターロースティング製法を採用して、より上質な香りとすっきりした後味を実現した。さまざまな手法でこの上質な香りを最大限楽しんでいただきたい」と語る。

スターロースティング製法は、新たに豆の特徴に合わせて種別に豆を焼き分ける製法で、複数種類のコーヒー豆をブレンドしてから一斉に焙煎していた従来製法から見直しを図った。

焙煎の時間管理と温度管理も徹底し、ネスレが設定する50以上の焙煎度合いの中から豆の特徴を最大限生かすべく焙煎している。

今後の取り組みについては「お客様がコーヒーを買われるときに一番重視されている点として『香り』と答える方が非常に多いことを念頭に『ゴールドブレンド』の魅力を伝えていく」。

ペアリングスイーツの一例(ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体験カフェ)
ペアリングスイーツの一例(ネスカフェ ゴールドブレンド 香り体験カフェ)

その一つが、TOKIOの城島茂さん・国分太一さん・松岡昌宏さんを起用した新TVCMで「これから年末に向けて、ここ10年間で最大規模となる広告出稿量を投下し新たにコーヒーを飲み始める層や離反層も獲得していきたい」と意欲をのぞかせる。

新キャンペーンメッセージ「違いをつくる人の」については「来春以降も継続的に掲げていく。あわせて新しい商品なども継続的に考えながら市場を活性化していきたい」と述べる。

今回刷新したのは「ゴールドブレンド」の本体(オリジナル)「コク深め」「香り華やぐ」「カフェインレス」の4品。

9月1日のリニューアル発売後の滑り出しは上々で、採用アイテムの広がりや大陳の露出が拡大している。

アイテム別では、ボリュームが大きいのは本体で、「カフェインレス」が伸び盛りになっているという。

「『カフェインレス』はここ10年ずっと伸びているが、コロナ禍で複数杯飲まれるうちの一杯をカフェインレスに変える動きが強まり20年は19年比で二ケタ以上成長した」と説明する。

容器別では瓶タイプが依然として基盤になっている。

このため詰め替え用の「エコ&システムパック」のパッケージを刷新。コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」だけではなく、瓶容器への詰め替えにも使えることを改めて訴求すべく「ビンにつめかえ簡単!」の文言などを新たにあしらった。

容器別で伸長率が高いのはスティックタイプで、この秋冬に向けては「カフェインレス」からブラックスティック商品が新発売された。

家庭内コーヒー市場については「本格コーヒーを楽しみたい層と飲用量の増加に伴い値ごろ感を求める層の両極端に分かれている」との見方を示し、「ゴールドブレンド」はその両極端のニーズに対応しているとした。