食物アレルギー副読本 増刷、新たに12道府県へ メーカー横断「プロジェクトA」

食物アレルギー配慮商品を持つメーカーによるプロジェクトA(オタフクソース、ケンミン食品、永谷園、日本ハム、ハウス食品)は今年5月に発刊した、小学校向けの副読本を増刷。配布エリアを拡大した。

副読本「知ろう!学ぼう!食物アレルギー」は初版3万部を東京、大阪、兵庫、広島4都府県の約200校へ無料配布。食物アレルギーの児童が増える中、「現場としてもありがたい」といった教員や保護者からの声が届いた。

より広く食物アレルギーについて考えてもらおうと、9月から北海道や神奈川県など新たに12道府県へ案内を始めた。また、プロジェクトAのメンバーによるオンライン授業も実施する。