工場見学休止でオンライン社会科見学 キユーピー

キユーピーは、9月16日に挙母工場(愛知県豊田市)で初めてオンライン社会科見学を実施し、豊田市立小原中部小学校4年生が参加した。10月からは、神戸工場(兵庫県神戸市)や鳥栖工場(佐賀県鳥栖市)でも近隣の小学校を対象に、オンライン社会科見学を開始する。

同社は現在、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため工場見学を休止している。例年、秋には社会科見学として多くの小学生がキユーピーの工場を訪れるが、今年はできないためオンラインでの社会科見学を始めたもの。Web会議サービスを利用し、小学校の教室と工場をつないだ。

当日は、従業員が挙母工場からマヨネーズ・ドレッシングの製造工程や品質を守る工夫を伝え、教室にいる4年生8人とオンラインで交流した。参加した小学生の感想は「聞きたいことが質問できてよかった」「工場のことが知れてとても楽しかった」などだった。

キユーピーグループが長期ビジョンとして策定した「キユーピーグループ2030ビジョン」では、30年におけるグループの「ありたい姿」の一つに、「子どものおいしい笑顔のサポーター」を掲げている。実現に向けた重点課題を「子どもの心と体の健康支援」とし、「2030年までに、グループの食育活動などで接する子どもの笑顔の数を、100万人以上にする」(19年からの累計)ことをサステナビリティ目標としている。