飲料と即席麺を共同輸送 関東―九州間 アサヒ飲料、日清食品、日本通運が協働

アサヒ飲料、日清食品、日本通運の3社は11日、関東―九州間における共同輸送を開始する。これにより輸送トラック積載率の向上を図り、トラック使用台数20%削減を見込む。

アサヒ飲料と日清食品の工場・倉庫の拠点が比較的近隣エリアにあることに加え、重量の飲料商品(アサヒ飲料)と軽量の即席麺商品(日清食品)が合致したことが背景。アサヒ飲料としてはグループ内を含め初の異業種との共同輸送となる。

関東―九州エリアにおいて、アサヒ飲料はアサヒビール茨城工場(茨城県守谷市)から佐賀配送センター(佐賀県三養基郡)まで、日清食品は関東工場(茨城県取手市)から福岡物流センター(福岡県糟屋郡)までそれぞれの車両で海上輸送を行っている。

今回の共同物流では、両社商品を日本通運の車両に混載して海上輸送する。

アサヒ飲料の飲料商品を下段に最大限積み、余ったスペースに軽量な日清食品の即席麺を積載(日本通運)
アサヒ飲料の飲料商品を下段に最大限積み、余ったスペースに軽量な日清食品の即席麺を積載(日本通運)

具体的には、アサヒビール茨城工場で製品を積載した車両は、日清食品の関東工場に立ち寄って混載作業を行う。その後、商品の高さやパレットサイズの異なる2社の貨物をまとめて九州の物流倉庫に向けて共同で海上輸送する。

アサヒ飲料では、これまで関東―九州間において週55~65便の海上輸送を行い、今回そのうち週1~2便を共同輸送に切り替えていく。

重量貨物であるアサヒ飲料の飲料商品はパレットを2段に積むことができないため、飲料商品を下段に積載可能な最大量を積み、残りの空間スペースに軽量貨物である日清食品の即席麺商品を積載する。

組み合わせ困難なサイズが異なる2種類のパレットを商品の種類、数量などを工夫して効率的に混載するノウハウを確立することで積載率の向上を図った。