#シブサラで外食を応援 キユーピー社員がサラダレシピ考案

東京・渋谷に本社を置くキユーピーは、「渋谷をサラダで満ちあふれた街にしたい」という思いから、16年に「#シブサラ」を考案し活動を続けてきた。コロナの影響を受け、#シブサラフェアは次々に延期・中止を余儀なくされたが、そうした状況に手をこまねいているだけでは前に進めないと、社員が中心になり、それぞれ自宅でオリジナルの#シブサラ作りに取り組んだ。食育を兼ねた変身系のサラダや、おつまみ系サラダ、巣ごもり生活にビタミンが摂れるフルーツ系サラダなど#シブサラのサイトで紹介されている。

緊急事態宣言も解除され、徐々に街に人が戻りつつあるが、これまで休業を余儀なくされてきた外食店、営業を縮小せざるを得なかった商業施設、それぞれが抱える苦悩や葛藤を思い、いまできることは?と考えた末に今回の企画が生まれた。新しい#シブサラを考えて終わりではなく、ニューノーマルな環境をとらえ、サラダで満ちあふれた街・渋谷に向けて今後も取り組んでいく。

また、イベント開催ができない状況だったが、7月8~28日まで、新宿タカシマヤタイムズスクエア本館12~14Fのレストランズパークで「野菜を食べる夏#シブサラがやってきた!」開催が決定した。